美容にも影響がある!眠れない時の原因と対処法

人は十分な睡眠を確保しておかないと体調にも変化が現れたり、美容にも深く関わっています。
寝つきが悪い方やすぐ目が覚めてしまう方でも、原因とその対処法を知れば改善させる事も可能です。
今回は眠りの原因からその対処法まで詳しく解説していきます。

☆日本人に多い不眠症とは
眠れない原因や症状は人によってもそれぞれ異なりますが、中でも日本人に多いとされているのが不眠症です。
不眠症の症状としてはベッドに入ってもなかなか眠れなかったり、夜中に何度も目覚めてしまったり、熟睡感が無い場合に多く当てはまります。
不眠症の原因は環境の変化やストレス、アルコールやカフェインの過剰摂取、運動不足などがあります。
寝る場所の環境、夏・冬の温度など少しの変化でも人によっては過敏に反応してしまう事もあります。
変化による不眠の場合は、慣れる事で不眠症の症状が改善されます。
緊張やストレスを感じている際には、入眠前にアロマオイルなどでリラックス効果を得ると良いでしょう。
また、寝る前のアルコールやカフェインの摂取を避けておくのもオススメです。

☆若い人に多い過眠症
眠れない症状が現れるのが不眠症ですが、その逆として沢山寝たにもかかわらず眠いというのが過眠症です。
過眠症は日中になると眠気が現れる事が多く、一度仮眠しても眠気がそのまま持続する場合もあります。
これらの症状を改善するには、規則正しい生活を心がけることが大切になります。
体内時計が乱れてしまうと決まった時間に就寝・起床出来なくなってしまうので、なるべく太陽の光を浴びるようにしましょう。
過眠症はうつ病が原因となっている事もありますので、気になる方は病院に受診する事をオススメします。

☆睡眠の際の注意点
睡眠には睡眠に適した環境を整える事が重要になります。
寝る前にブルーライトを浴びたり、寝る直前に明るい部屋で過ごしていると入眠までに時間がかかってしまいます。
眠れないと感じた時には環境や生活を整える事でも改善できるので、是非出来る事から試してみましょう。
それでも一向に改善されない場合は、専門の病院に受診してみるのも良いでしょう。

関連記事